So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

相撲部屋の外国人枠は1部屋一人ってナゼ?! [スポーツ]

日本の国技・大相撲。
力士の総数は659人にのぼりますが、
外国人力士がそのうちの5.9%を占めています。
今でこそ「1部屋に外国出身者1人」とされていますが、
そもそもは人数の規制は無く無制限でした。
大相撲の世界に外国人力士が誕生したきっかけも、
過酷な大相撲の世界では新弟子が不足しており、
屈強な外国人を日本の大相撲界に
スカウトしたことが外国人力士の始まりでした。

小錦・曙・武蔵丸2.jpg



スポンサードリンク





1990年代のハワイ出身外国人力士の
高見山・小錦・曙・武蔵丸などが一時代を築き
2000年代に入ると朝青龍と白鵬をはじめとする

高見山・小錦・曙・武蔵丸.jpg
 
モンゴル出身の外国人力士が栄華を築き、
今では幕内力士のうち半数近くが外国人力士です。
では、なぜ、「1部屋に外国出身者1人」などという
外国人枠なるものが出来たのか?
外国人力士を巡る色々な賛否の声がありますが、
問題は2つあり、
1つは、一部の外国人力士が
格式高い大相撲の一人の力士として
相応しい「礼儀や振る舞い」を行えず、
強さと結果を残すことを優先し、
また暴力問題や問題発言、無断欠席など大相撲の力士として、
あってはならない振る舞いを繰り返し、
相撲協会から問題視されたからだ。
もう1つは、
外国人力士が“強くなりすぎてしまった”ため、
相撲協会は人数の規制に乗り出し
1992年から1部屋に2人以内、全体で40人までとしました。
2002年からはさらに、各部屋1人まで、
2010年には遂に、
「外国人力士枠」「外国出身力士枠」へ変更する
強硬措置がとられ、帰化力士も「外国出身力士枠」となって、
外国人力士は1部屋1人まで(その時点で2人以上いる場合は除く)
となってしまった。
外国人力士が度々、
日本の国技である大相撲に相応しくない
振る舞いをしたことが問題視されていますが、

相撲部屋.jpg
 

外国人力士が
日本の大相撲の格式と「礼儀や振る舞い」を
身につけれるかどうかは相撲部屋の
親方と指導者の責任が重大であると思います。




スポンサードリンク






横綱稀勢の里に課せられたノルマとは・・・新たな決意! [スポーツ]

大相撲の新横綱稀勢の里(30)が11日東京・両国国技館
で行われただい50回NHK福祉大相撲での力士インタビューの際
元横綱北の富士勝昭氏から直筆の手紙をアナウンサーから手渡され
ました。そこには具体的な優勝ノルマが書かれており、文章の締めで
「あと5年、立派に綱をやり通して下さい。左四つの型の完成を
目指して下さい。優勝回数は最低15回、年3回と」と大きなノルマ
が課せられた。
これに対し稀勢の里は「ありがたい目の前の一番を頑張るだけです」
と感謝の言葉。


 稀勢の里.jpg

北の富士氏は自称「稀勢の里を横綱にする会」を立ち上げ【会長】
を務めるなどし、個人的に横綱を励ましてきた。


稀勢の里2.jpg 

「本当に嬉しいです。こういう風に気をかけていただいて」と感謝。
その上でノルマを与えられた優勝回数については「毎場所、優勝
争いに絡める力士になりたい。それが横綱の務めだと思っている」
と語っていた。
ちなみに「今日をもって『稀勢の里を横綱にする会』を解散した」と北の富士が発表した。


 稀勢の里3.jpg

32歳の白鵬は、30歳以降優勝4回、年2回のペースに落ちている。
なかなか厳しい条件のノルマだが、北の富士氏の元弟子であった
千代の富士は、30歳を超えてからも19回の優勝をしている。


 稀勢の里1.jpg

この日は4横綱が勢ぞろいした。取り組みは白鵬に敗れはしたものの
意気込みと決意は本物の横綱の気迫を感じた。




スポンサードリンク






スポーツ ブログトップ