So-net無料ブログ作成

夏は代謝が悪く「夏太り」で気分も落ち込み。冷えを解消する方法 [健康]

「夏は暑いから何もしなくても痩せるんじゃないの?」と決め込んでいました。夏バテで食欲もなく、あっさりした食べ物を好む生活。冷たいものを飲んでばかりだからお腹も空かない。


思い返せばそれで痩せれたのは若い時だけ。「夏はなんだか太る」は当たり前のことだったんです。代謝が悪くなり、夏冷えが生じ、お腹はポッチャリ・・・


夏太り.jpg
 

どうして夏は太るの?太る原因は?


夏は冷たいものが欲しくなりますよね。気づいてみると糖質の多い清涼飲料水やシェイク、アイスなど余計に食べちゃいますよね。そうめんだけの偏りのある食事が、夏太りになる大きな原因になってしまいます。


冬はため込むし、動かないし、夏よりも太るものだと思っていました。しかしそうではありません。食べ物の嗜好や季節による行動、また寒いから基礎代謝も上がります。


意外と知らない人も多いかと思いますが、夏は基礎代謝が下がります。何もしないで汗をかいても、基礎代謝とは何にも関係はありません。だから夏こそ体を動かすべきなんです。汗をかいたら糖質の多い飲料水はさけて、水とかお茶をとりましょう。


一概に代謝が悪いと言っても、自分はどの程度かわかりませんよね?平熱が36度以下の人で、ふだんからむくみやすい人が代謝がよくありません。



基礎代謝を上げるにはどうしたらいいの?


運動するか、せかせか体を動かすのがいいんですが、何もしたくない人はお腹を温めることで夏太りを解消してくれるかもしれません。


簡単な事です。濡らしたタオルをレンジで「チン」するだけ。暖かいタオルをお腹にのせるだけで代謝がグンとアップします。おへそまわりはツボが集中してあります。


また、夏は靴下を履きたくありませんよね?でも日頃会社の冷房にガンガンあたっていて足のつま先まで冷え切っている人は大変ですよね。


そこで足の筋力をアップさせる方法があります。階段や段差のある場所でつま先立ちにして、かかとを上下する運動です。30回を目安にして毎日取り組んでみて下さい。ふくらはぎのポンプ運動で血流がよくなり足元の冷えの改善になります。


夏太り2.jpg 


夏は自分でどうにかして基礎代謝を上げる努力をしなくてはなりません。日々の生活の中で自分から体を動かす事。


エレベーターではなく階段を利用したり、出勤時のまだ涼しい時間帯を狙って一駅歩いてみたり、駅まで急ぎ足で歩いてみたり、電車の中でも座らないで立っていたり。ちょっとしたことでいいんです。「何かしよう」という気持ちが大事なんです。






スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。