So-net無料ブログ作成
検索選択

1日一杯のにんじんジュースは体内環境を整え、健康で効果的な摂り方 [健康]

にんじんは赤くてカワイイ。生のにんじんは甘くて歯ざわりがとてもいい!色味がいいのでアクセントでにんじんは料理に加えたい食品ですね。


にんじんにはβカロテンが豊富にに含まれ、他にはビタミンやミネラルや食物繊維などが豊富に含まれ、美肌効果にも優れ、美容効果に最も浸透し、ダイエット効果や便秘解消効果に優れています。


にんじんには抗酸化作用やデトックス効果があります。美肌にはとても重要な働きをしてくれます。料理や生野菜にして食べるにしても、毎日大量のにんじんを食べることは非常に難しいです。


万能野菜とも言われているにんじんをジュースにしてみましょう。より多くの栄養素を摂ることが可能になります。


そこで今回はにんじんジュースが期待以上の栄養素がとれ、病気の予防、デトックス効果、一緒に摂ると体に良い食材なども併せてご紹介したいと思います。


にんじんジュース1.jpg
 






スポンサードリンク






◇にんじんジュースによる効果的な予防


野菜ジュースの中でのにんじんの割合がとても多いのには理由があります。美容と言ったらにんじんジュース、病気と言ったらにんじんジュースとなにかと出番が多いにんじんジュースです。それだけ人間の体には必要な栄養源なのです。


βカロテンはすばらしい抗酸化作用を持ち、体内でビタミンAに変えたり、免疫力を高めたり、皮膚や粘膜を守り色素沈着を抑える働きをします。日焼け止め効果もあり体内から日焼けを予防してくれる働きもしてくれます。


また、ガン予防に効果があったり、心臓病・動脈硬化など生活習慣病の予防にもなります。


◇にんじんジュースをさらにおいしく飲むには・・・


毎日にんじんジュースを飲むには飽きがきますよね。続けて飲むには味を変えると新鮮でにんじんジュースを飲む習慣が長続きします。


そこでにんじんジュースに加えやすいものが、りんご、レモンですよね。


リンゴにはにんじんの臭みをとってくれる最高のアイテムです。ビタミンCやポリフェノールなども含まれています。ポリフェノールはリンゴの皮の部分に多く含まれていますので、皮ごとジューサーミキサーに入れて下さい。


レモンには風味をガラリとかえてしまう魔法の果物です。


しかしにんじんにはビタミンCを壊してしまう酵素(アスコルビナーゼ)が含まれています。せっかくビタミンCの補給をしてもそれを壊されてしまっては美肌効果も薄れてしまいます。


そんなビタミンCを壊してしまう酵素の働きを止めてくれるのがレモンなのです。にんじんジュースを飲む前には必ず入れるようにしましょう。


冷え性の方はにんじんジュースに生姜も加えれば体が暖かくなるでしょう。


にんじんジュース.jpg
 


◇我が家での(4人)にんじんジュースの作り方


大きめのにんじん・・・・1本


大きめのリンゴ・・・・・1個


レモン皮をむいたもの・・・半分


ハチミツ・・・・・・・・・大さじ2~3


フルーツ系のジュース・・・適宜


とてもおいしくいただいています。


人数分だけ作りましょう。作りたては酵素がたっぷり入っています。


是非1日の始まりににんじんジュースで体をリフレッシュしてみませんか?






スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました