So-net無料ブログ作成
検索選択

子供の熱中症 頭痛や発熱や意識ポイントに気を付けて [子育て]

最近、熱中症で子供達が搬送されたというニュースが流れてきました。


特に小さな子供は体温調節機能が未発達であるために、正しい知識をもってきちんと対処しなければなりません。


暑いところにいればどんどん体が熱くなって、体の小さい子供は体温のコントロールができなくなり短時間で体内の水分が奪われるという非常事態におちいります。


熱中症は手当が遅れると命に関わることになります。


では、熱中症とはどんなものなのでしょうか。熱中症は4つの種類を総合した名称です。


熱中症 2.jpg








スポンサードリンク






(低い[→]高い)


◇日射病・・・炎天下や直射日光のあたっているところに長時間いると汗がたくさん出たり、頭痛やめまい、吐き気を起こすことがあります。


◇熱けいれん・・・暑いところに長時間いて日射病からさらに悪化し、筋肉が痙攣したり、吐き気や腹痛を感じたり。体温は少し高い程度です。


◇熱疲労・・・高温の場所で大量に汗をかき、頭痛、めまい、嘔吐、倦怠感を感じます。体温は高くなり、頻脈、血圧の低下、顔面蒼白、失神などの症状が起こります。


◇熱射病・・・高温の場所にいながらも汗は止まり、顔が赤くなる、40度以上の異常な体温の上昇がみられます。痙攣、錯乱、意識障害を起こします。


熱中症 .jpg
?


(低い[→]高い)


◆大量の汗をかいて元気がなくなってきた場合は、涼しいところに移動をさせて衣服を緩め、子供用のイオン飲料をたっぷりと飲ませましょう。


◆意識があっても体が熱くなっている場合は冷房の効いている場所にいって体を冷やしましょう。冷たいタオルで体を拭いたり、冷たい飲み物を与え体温を下げましょう。


◆名前を呼んでも反応が鈍い、ぐったりしている場合急いで救急車を呼びましょう。その間冷たいタオルで体を冷やしてください。


※ぐったりして意識障害があり、呼吸も荒く、痙攣もおこり、体温も40度以上も上がっている場合、症状が進むと水分を与えても逆にもどしてしまいます。


体もとても熱く器官障害がおきると取り返しのつかないことになりかねません。一刻も早く病院に搬送して手当てを受けましょう。


熱中症 1.jpg
?


□意識があればこまめに水分補給をしましょう


発汗などで大量の汗をかいたあとは、こまめに水分補給をしましょう。この時、水やお茶より子供用イオン飲料や、薄い食塩水を与えましょう。


ジュースやミネラルウォーターなどは、体への負担が大きくなるべく避けてください。


一気に飲ませるより、ゆっくりと飲ませてあげた方が胃に負担がかかりにくいです。


□熱中症で起こる頭痛


熱中症でわかりやすくおこる症状と言えば頭痛です。この状態は体内の水分が不足した状態の時におこります。


大量に汗をかいたのに水分補給が行われなかったり、追い付かなかったりのときに起こる熱疲労です。


水分補給は塩分の入った飲み物がいいですね。


また体温を下げる効果的な処置法は、冷たいタオルなどで脇の下、首、太ももの付け根などを中心に冷やしてください。


頭痛は数日続くかもしれません。あまりひどい時は病院に行って診てもらいましょう。



■まとめ


熱中症は乳幼児や高齢者に多いというイメージがありますが、屋外で活動することが多い小中学生が熱中症にかかることが多いです。


自分で水分補給ができない赤ちゃんは、ママがこまめに水分を与えてあげたり、炎天下の中の外出はなるべく控えましょう。






スポンサードリンク





タグ:子供 熱中症
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。