So-net無料ブログ作成

猫が黄色い液体を吐いた時考えられることは・・・? [ペット]

猫は自然に自分の生命を守るために、毛玉を吐いたりエサを吐いたりする時があります。これ自体は心配のないことですが、黄色い液体を吐いた場合は動物病院へ連れて行った方がいいと思います。

今回は猫の黄色い嘔吐は心配なので調べてみました。

猫1.jpg


スポンサードリンク






 

猫が吐く事は
毛玉を吐く・・・毛玉の塊を吐き出すことはよくある行為です。嘔吐の回数が多いと脱水症状や胃炎の原因になりますので、毛玉とり用のフードや毎日のブラッシングをしてあげることです。特に、毛が抜け変わる春や秋の換毛期の時期には念入りにブラッシングをしてあげましょう。

早食いして吐く・・・たくさん食べる猫は、食後すぐに吐くことがあります。吐いた後も元気なのであれば、何ら心配することはありません。

猫草を食べて吐く・・・胃腸を刺激し吐き気を促します。胸やけを起こした時や、体内の毛玉を一緒に吐き出す生理現象であります。草は何でもいいわけではなくて、イネ科の安全な草を与えて下さい。

猫2.jpg
 

■猫が黄色い液体を吐く
それは空腹による場合が多いので食事の間隔の調整をしてみてください。一回ですむなら問題はありませんが、時間をあけて何度も吐いたり、毎日のように同じような症状が続くようであれば体調不良を疑って下さい。たまに吐くようなら、もしかしてキャットフードが体に合っていないのかもしれません。

元気な場合の嘔吐
通常は無色透明で臭いもありません。黄色い液体を吐いたときは、空腹で、胆汁が逆流して吐いてしまいます。

病気で吐いてしまう場合
胃の運動が低下して起きると考えられています。正常な胃に動きをしないで、なんらかの原因で正常に動かなくなり、胆汁が胃に溜まってしまいます。やがて食道炎や胃炎になったり、エサや水分も受けつけなる深刻な事態になる恐れのあります。またすでに他の病気を患っている可能性もあります。

ストレスによるもの
生活しているうえで、何らかの欲求不満や恐怖心など胃に障害をおこします。またキャットフードにも問題があり、低品質のもので栄養バランスが悪く消化にも悪いものもあります。

猫.jpg

■まとめ
黄色い液体を吐いた場合1日にどれだけの回数みられたかがどんな病気にかかっているかの判断となります。また連日続くようならなおさら動物病院で治療してもらいましょう。何か病気が隠れているかもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました